IMG_9109
群馬のダート林道を行く



●序文

2020年11月1日、天候晴れ。
群馬県のダート林道へサイクリングに出た。
走った道は秋鹿林道と万沢林道。それぞれ約13km、21kmが未舗装。
いずれも今年の6月、新緑の時期に走って良い道だと思った。
その時「紅葉の時期も良いだろうな」と思ったので再訪した。

●経路・行程概説



[諸表]

  • 経路総長:82km
  • 累積登坂:1,997m
  • 未舗装区間:約34km

[道路名称]

  • スタート:JR沼田
  • 国道17号~みなかみ布施
  • 県道53号~須川川
  • 秋鹿林道※1~四万川
  • 国道353号~四万温泉
  • 万沢林道※2~国道405号
  • 国道405号~長野原草津口
  • ゴール:JR長野原草津口駅
※1: ダート約13km (路面少し悪目。御荷鉾超林道より少し荒い)
※2: ダート約21km (路面良さげ。御荷鉾超林道と同レベル)


●行程記録

●JR沼田駅スタート

IMG_9038
当日は始発の電車で沼田駅まで輪行した。
自転車はハンドルをセミドロップ化したアラヤMFB。
ダートでの取り回しを試すために今回のコースを走った。


●国道17号で後閑まで北上、県道53号で須川川へ西進

沼田駅から国道17号は交通量が多かった。
後閑から県道53号に乗り換えると交通量はほぼなくなった。
IMG_9041
IMG_9045
”Trick or Candle?”
道の分岐にカボチャの提灯。これは北海道に伝わる”ローソク出せよ”の西洋版か。
グンマにも広まっていたんだな。


●一本目、秋鹿林道を行く

正式名称は村道 大影・秋鹿線?

IMG_9046
出発から1時間くらいで秋鹿林道起点?らしき場所に着いた。

IMG_9048
須川川?
隅田川を”Sumidagawa river"と書いてるみたいで違和感あるな。

秋鹿林道ダート区間の入り口、ゆびら荘

IMG_9049
IMG_9050
既に秋鹿林道は始まっているようだが、ダート区間は”ゆびら荘”の先から始まる。

道の具合は御荷鉾スーパー林道より少し荒いくらい

IMG_9051
IMG_9055
約13kmの秋鹿林道。全線フラットダートでガレた場所はほぼ無い。
序盤と終盤前に少し砂利が深いくらいところがある。
御荷鉾スーパー林道よりも少し荒い印象。

IMG_9063
IMG_9071
IMG_9077
標高が低い場所の紅葉はこれからな感じ。頂上付近は期待できそうだ。

IMG_9340
10月に思い切って変更したハンドル部。NITTOのアルバトロスバー反転仕様。
ママチャリみたいなハンドルになったが、ダートでの使用も問題なかった。

IMG_9341
革サドルは未だに尻型がついてない。硬い個体を引いたな。

林道の頂上手前にあるヘアピンカーブ

秋鹿林道で画像検索すると必ず出てくるガレガレの壁。
IMG_9093
斜面の付近を離れれば道はガレていない。

IMG_9096
IMG_9115
標高1,000m近いので紅葉は良い感じだった。


林道のピーク、霧峠から四万へ下る

IMG_9117
秋鹿林道の最高点、霧峠。
今日は快晴で霧は出ていない。

IMG_9119
霧があろうがなかろうが眺望はないのですぐに下った。

11月、峠付近の紅葉は概ね見頃、麓はまだ緑

IMG_9121
IMG_9127
峠付近は紅葉~黄葉が見ごろだった。

IMG_9135
IMG_9139
下るにつけて木々は緑に戻った。
山全体で見れば、11月中旬くらいまで紅葉を楽しめそうだな。

霧峠を下りきって四万川に合流

IMG_9143
IMG_9145
秋鹿林道を下ると四万川・国道353号に合流する。
まずは一本目の林道サイクリング終了。


●四万温泉街の手前で昼食休憩

IMG_9150
温泉街は混んでそうなので、国道沿いの食堂に入った。
”きりこみ”うどんと焼き鳥がおいしい。

温泉水をボトルに補充

IMG_9159
IMG_9153
温泉街に飲泉場があったので魔法瓶にフル充填。
ニガりが効いて僅かに塩気がある。ミネラルが豊富な感じだ。
成分確認してないが、ステンレスボトルでも1日くらい大丈夫だろう。


●二本目、万沢林道を行く

熊鈴装備で万沢林道起点を出発

IMG_9162
本日2本目のダートは万沢林道。
半年前、この入り口から500mくらい先で熊と密になりかけた。
過去の教訓を生かし、本日は熊鈴をダブル装備とした。

IMG_9165
しかし、この日は車・オートバイが頻繁に往来していて動物の気配はなかったな。

IMG_9171
IMG_9167
万沢林道は名前通り、無数の沢に面しているため水系が多い。
盛夏はアブが多そうだな。

快適なフラットダートを登る

IMG_9176
万沢林道は秋鹿に比べて石の粒径が小さく快適に走れる。

IMG_9175
IMG_9188
山肌の紅葉は見頃だった。

登るにつれて林道も紅葉していく

IMG_9202
IMG_9208
万沢林道の序盤はまだ紅葉前。

IMG_9211
IMG_9212
秋鹿と同じく、標高900mくらいから道沿いの木々は紅葉していた。

IMG_9214
IMG_9220
路面も景色も心地いい道だ。

IMG_9224
IMG_9231
標高1,000mを越えると結構寒い。
対面の山肌を見ると落葉が進んでいる。

林道のピーク付近は舗装化されている

IMG_9234
万沢林道のピークは1,350mくらいだったと記憶しているが、
頂上手前(高低差で100mくらい前から)は綺麗な舗装路になる。

IMG_9235
IMG_9239
IMG_9241
頂上手前の紅葉はピーク。
以降は麓の紅葉が楽しくなりそう。

万沢林道の頂上広場

IMG_9245
万沢林道の頂上に到着。広場があるだけで看板も名前もない。
特に眺望もないので、一服休憩してさっさと下った。

紅葉を見ながら頂上を降りる

頂上からの下りは少し舗装路が続くが、すぐにダートになる。
IMG_9249
IMG_9255
IMG_9367
IMG_9257
IMG_9259
先週は紅葉の東北を走ってきたが、関東の紅葉も良いな。


白砂川から万沢ストレートへ登り返す

林道のピークと国道405号の間は白砂川の渓谷になっているため200mほど登り返しがある。
IMG_9265
IMG_9264
IMG_9274
今日の装備。乗員はモンベルの小型ドライショルダーのみ。

IMG_9286
白砂川から登り返し終了。万沢林道の石碑と記念撮影。

約1kmの直線ダート、通称:万沢ストレート

林道の石碑から国道方面に向かって約1km、真っすぐなフラットダートが伸びる。
IMG_9282
「ここは通称、万沢ストレートと呼ばれる万沢林道の名物区間なんだよ」
by 地元民ライダー

IMG_9377
名にし負わばさぞ面白いのだろうと期待したが、その実ただの平坦路でつまらない
※個人の感想です。ライダーさんすみません。

IMG_9295
ここが1kmストレート10%坂、”万沢ウォール”だったら面白いのにな。
※個人の願望です。

IMG_9322
万沢ストレートを越えると、林道の起点(終点)に至る。
これで本日二つ目の林道サイクリング終了。
残りは快適な舗装路が待っている。


●国道405号に乗換え。長野原草津口へ

残りは国道を下り草津口へ向かうだけ。
IMG_9330
IMG_9334
IMG_9327
道中、六合の紅葉が西日効果で良い感じに見えた。

六合の日帰り温泉に寄る

IMG_9335
道の駅”六合”の横にある民宿”花まめ”
青磁色の硫黄泉で香りが強い。これまでの疲労に効く気がする。

IMG_9337
風呂上りに一服しているとネコに睨まれた。
ここは禁煙だったか。


●JR長野原草津口から輪行で帰宅

IMG_9338
日没後、長野原草津口から輪行で帰宅。


●跋文

IMG_9375
今回、群馬の沼田から秋鹿林道&万沢林道を経て長野原草津口までサイクリングした。
コース総長は100kmにも満たないが、約30kmのダートは走りごたえがあった。
秋鹿・万沢林道は初夏の新緑も良いが、秋の紅葉も良いと感じた。