IMG_8777
紅葉の白神山地へサイクリング



●序文

2020年10月27日、天候晴れ曇リ後晴れ一時雨。
北秋田から白神山地を経由して日本海側までサイクリングした。
目当てにしていた道は次の2つ。

①県道317号:西目屋二ツ井線、白神山地の東部を通る道
②県道28号:岩崎西目屋弘前線、白神山地の北部を通る道

いずれも酷道で一部ダートを含むが、白神山地へのアクセスルートのため景色は良い。
今回のサイクリングは写真が多くなったので前後編に分割する。

[後編リンク]
 白神山地サイクリング ~後編~


●経路・行程概説



[諸表]

  • 経路総長:126km
  • 累積登坂:2,372m
  • 未舗装区間:約46km

[道路名称]

  • スタート:JR鷹ノ巣駅
  • 国道7号~二ツ井
  • 県道322号~藤里
  • 県道317号~釣瓶落峠※1
  • 県道317号~美山湖
  • 県道28号~白神ライン※2
  • 県道28号~岩崎
  • 国道101号~JR十二湖駅
  • ゴール:JR十二湖駅

※1,2の区間はそれぞれ約6km,40km未舗装区間を含む。
 且つ白神ラインは電波弱のため補修品・工具携行を推奨。
 なお、熊は珍しくないので鈴やラジオがあると多少安心。

●行程記録

●鷹ノ巣を出発、県道317号:西目屋二ツ井線へ

未明に鷹ノ巣駅前の宿を出発。昨晩まで雨だったが本日は晴れ予報。
IMG_8661
IMG_8670
国道7号~県道322号を経由して藤里へ入る。
目当ての県道、317号:西目屋二ツ井線に合流。

白神山地の南玄関口、世界遺産センター藤里館

IMG_8672
IMG_8677
朝早くから世界遺産センターは開いてなかったので近くの滝で休憩。
ここから先、西目屋・弘前までは自販機含めて何も無くなる。


●県道317号 西目屋二ツ井線を行く

IMG_8679
西目屋二ツ井線は11月初~翌5月末まで冬季閉鎖となる。
開通期間でも通行止めが多いので道路状況の事前チェックは必須。

IMG_8686
「これより白神

IMG_8687
かすれゆく案内板に従って進むと、靄でかすれた山肌が見えてきた。


●藤琴川と太良峡

藤琴川の上流、白神山地の東に位置する太良峡。
約60年前まで鉱山で栄えていたという。色とりどりの天然杉・ブナ・ナラが広がる。
IMG_8699
IMG_8698
原生林に突っ込むような鉄橋。
渡ると道の秘境感が高まる。良いね

IMG_8703
IMG_8704
鉄橋から藤琴川を覗く。高さより鮮やかな紅葉で目が回る。
ここなら恐怖心抜きでバンジーできそう。


●秋田天然杉林と広葉樹林

IMG_8713
秋田天然スギ林
スギ林といっても群生ではなく、広葉樹林との混交林が広がっている。
紅葉時期は黄~橙~赤~緑が混じってカラフル。

IMG_8716
IMG_8726
峡谷沿いに登る県道。朝靄でしっとりした空気。

IMG_8729
IMG_8738
陽が昇るにつれて靄がかった道が晴れてきた。
未明出発の旅程は光量で景色を味変してるみたいで楽しいな。


●釣瓶落峠手前の橋上から紅葉を見る

IMG_8740
IMG_8739
釣瓶落峠の手前にある橋。景色が良かったのでしばらく休憩。

IMG_8742
IMG_8743
IMG_8741
IMG_8748
対面の山から陽が差すと夜露に濡れた紅葉が輝く。
写真では表現できないが、光の当たる所から靄が消えていく様に感動した。

IMG_8750
さっきから景色に足止めくらってばかりだ。いいかげん釣瓶落峠へ行こう。


●釣瓶落峠の紅葉、景色は朝から最高潮

秋田県藤里町と青森県西目屋村にまたがる釣瓶落峠。
道路の最高点は700mくらい。昔は釣瓶落の名前通り、崖を網で上り下りしたという。
IMG_8755
今は舗装路が通っているので、自転車で難なく越えられる。

IMG_8757
峠から西側を見る。
陽が昇るにつけ、稜線から麓にかけて燃え上がって(下がって?)いくように見えた。
ここの景色は朝がベストタイミングだな。

アップで見る紅葉

IMG_8762
IMG_8758
IMG_8779
青森側に比べて秋田側の山塊は急峻。というより ほぼ崖か。
垂直にこそぎ落としたような山肌は、会津奥只見の雪食地形にも似ている。
痩せてそうな斜面だが、そこに生える木々はよく根を張って雪に耐えるものだな。

広角でも収まらない景色は切貼りする

trb1
trb2
超広角のパースや歪曲が苦手なので、画角に収まらない場合はやっつけ合成。
細かい(と言えるレベルじゃないけど)ズレは気にするもんじゃない。
※画像拡大は重いので注意(←これってもう死語?)


●釣瓶落峠から青森へ

釣瓶落峠の紅葉に満足した後、青森県側へ下った。
IMG_8788
釣瓶トンネルを越えれば、美山湖までおよそ20kmほど長いダウンヒル。
道を囲う山は尽く赤で、さすがは世界遺産が白神山地だと感動した。

IMG_8794
IMG_8796
IMG_8802
IMG_8809
IMG_8815
IMG_8816
IMG_8820
IMG_8825
IMG_8811
sugoi
どこに目を向けてもどこまでも紅葉が広がっていた。
この光景こそ秋なんだろうけど、この光景を秋と認識すると季節感にバグが生じそう。
などと、現地で変なジレンマを抱えてろくな写真を撮れなかった。
何度でもと贅沢は言わない。生涯にもう一度だけ、この日のような紅葉最盛期に走りたい。


●西目屋二ツ井線のダート区間へ

釣瓶トンネルから青森側は舗装路が続いていたが、美山湖合流前の数kmは未舗装だった。
IMG_8828
IMG_8829
「西目屋二ツ井線は整備中です」
なるべく舗装せずにそのままでいてほしい。

IMG_8830
未舗装路とは言え、採石場のダンプが頻繁に往来するため砂利は踏み固まっている。
700-23cでも難なく進めるだろう。

IMG_8831
ダート区間でダンプのおじさんとレース?を楽しんだ後、県道28号に合流。
これで二ツ井から西目屋村まで、県道317号のサイクリングは終わり。

●県道28号岩崎西目屋弘前線(白神ライン)へ

IMG_8836
引き続き、本日もう一つの目当てである県道28号、通称”白神ライン”へ向かった。
以下次号

 白神山地サイクリング ~後編~