IMG_7235
妙高-白馬を周遊するサイクルイベントに参加



●序文

2020年9月20日、天候曇りのち晴れ。
山岳コース主体のサイクリングイベント、グラソフォソド妙高に参加した。
主催想定の10時間をオーバーして約11時間かかったがフルコースを楽しめた。
ここではコース概要、前日受付、自転車装備、出走までをまとめる。

【関連記事】
  グラソフォソド妙高 2020 ~後編~

●GF妙高2020 経路概説・所感

all map ↑の地図クリックでGoogle map リンク
  • 経路総長:156km
  • 累積登坂:公称4,000m (実測約3,900m)
  • 未舗装区間:約30km (ほぼ登坂)

コースは約160kmだが、スタートとゴールの標高は同じなので、
脚が必要なのは登りの80km、残り80kmは 重力が引いてくれる。
よって(常に向かい風が吹くかもしれない)平坦のセンチュリーライドよりも、
登り多い(が確実に下りが約束された)グラソフォソドの方が(場合によっては)楽と言えよう。

lemon
These "WALLS" are funny. First you hate 'em, then you get used to 'em .
Enough time passage, you get so you depend on them.
The Shawshank Redemption

山岳主体で基本的に平坦はないが、坂なら緩い・きつい・長い・短いものまで全てある。
加えてコース156kmの内、未舗装区間が3か所ある。
  1. 乙見隧道グラベル : 13.7km
      緩めの登坂。概ね踏み固まったダート。慣しの区間。
  2. 白馬グラベル : 9.4km
      河原沿いの平坦。気持ちよく走れる。回復の区間。
  3. 鬼無里グラベル : 8.0km
      〆の鬼門。ダート開始までキツいが始まってもキツい。修行の区間。

試走チームは700-25cのロードで走破したというので楽なダートかと思いきや、
実際に走ると、25cは熟練者でないと厳しいのでは?(特に鬼無里グラベル)と感じた。
オン&オフロードのバランス的に700-32cが最適と感じた。

●参加&出走記録

GF妙高は事前にネット参加登録したのち、妙高高原で前日受付→当日出走の流れとなる。

●前日受付に会場/スタート地点へ行く

IMG_7228
前日受付の9/19。妙高高原駅まで輪行。

IMG_7230
会場は妙高高原スキー場?の一角にあった。
ゲートをくぐると「ここは海外かな?」と思える雰囲気だった。
主催および参加者の大多数は外国人。明らかな体格差に気圧された。

IMG_7234
受付会場のレストラン "トムソーヤー"。
参加者はビールをもらえる。

受付では書類への署名・参加者用のゼッケン等受領、装備チェックが行われた。
(装備は自転車への前後灯火・ベル、コースデータをロードしたGPSが確認項目)

●17:00~改め17:30からブリーフィング

多数の受付に時間がかかったのか、当初予定から遅れてブリーフィング実施。
主催者が英語でしゃべった後、同時通訳的に日本語がつくという一風変わった進行。
  • 交通ルール順守、ポイ捨て禁止など、一般的な諸注意
  • 概ね8~9時間を想定しているがレースではないので楽しんで
  • 走破には水分・栄養補給の管理が重要
  • 主催側からランタンルージュ(足切り目安のペースメーカー)が出る
  • チェックポイントで正規ルート走破が厳しそうなら短縮ルートを提案する
うろ覚えだがブリーフィングではそんなことを言っていたと思う。

~He who does not eat, neither shall he work.~

ブリーフィングで「完走には水分&栄養補給が重要」とあったがこれが全て。
自分は朝1,000kcal摂取、携行した2,500kcalの補給も全て使った。
コースからアクセスできるコンビニは2か所のみ。他は自販機があるくらい。
食べ物と水は十分な量を携行し、量が不安ならば補給を確実にしたい。

~Like a turtle defying the laws of gravity~

制限時間・足切りに関してはブリーフィングで明確な時間は言われなかった。
スケジュール上は16:00ゴールクローズ=10時間制限のように見てとれたが、
主催・走者が走り切れると判断すれば、足切り&短縮無し走行継続できるようだった。

実際、自分は第2チェックポイント(90km)地点で10時間以内完走は絶望的だったが、
「この先もがんばれ」的なことを言われて走行を継続、約11時間で完走した。


●使用自転車 ARAYA CXGで走る

IMG_7240
ブリーフィング後は自転車を簡単に再点検。
GF妙高に投入した自転車は改造 ARAYA CXG。
仕様は下記の通り。
  • Tire: Panaracer Gravel-king + 32c (TL)
  • Wheel: MAVIC Ksyrium elite UST Disc
  • Comp.: Shimano GRX-11 speed
  • STI-lever.: Shimano 105-5800
  • Brake: TRP Hy-road
  • Saddle: BROOKS B15
  • Pedal: MKS Lambda
  • Mud guard: Honjo turtle 44 black
  • Light: CATEYE VOLT800 & TIGHT
  • Front Bag: Carradice zip roll
  • Stem Bag: 佐渡之裂織巾着袋
  • Bottle: 950mL-drink, tool-bottle x 2

泥除けは要るか?と直前まで自問したが、いつもの装備で行った。
空気圧は前日に4bar入れたきり。当日も落としも上げもせずに走り切った。
ステム巾着袋は柿ピー大袋x3、フロントバッグに黒糖わらび餅10本。
これだけの食糧と水1Lあれば3日間生き延びられる(試験済み)


●グラソフォソド妙高当日

IMG_7241
翌日、受付会場と同じ場所がスタート地点。
正直、相当ビビっていたのでスタートラインの最後尾についた。

ロード、グラベル、シクロ、ツーリング、MTB、ファット等々な自転車がいた。
ライト・GPSなど出走必須装備は規定されているが、どんな自転車を使うかは自由。

レース的に競うもよし、のんびりサイクリングするもよしという感じ。
グラソフォソドの懐の深さを表していた。

英会話が行き交う中で「楽しむことが一番大事だ」というような言葉が聞こえた。
約160kmで4,000m登るグラソフォソドを苦しむか?楽しむか?
10時間を目標にするなら苦しむ側だな、と思いつつ6時にスタート。

せいぜい登りを楽しもう。