IMG_7009-2
群馬の御荷鉾スーパー林道を行く



●序文

2020年7月5日、天候曇り。
群馬県の御荷鉾スーパー林道へサイクリングに出た。
本庄・藤岡を起点・終点に下久保ダム~八倉峠手前を往復した。

●経路・行程概説


=============================
  • スタート:JR新町駅
  • 国道462号~道の駅”おにし”
  • 国道462号~下久保ダム
  • 御荷鉾スーパー林道~八倉峠手前の分岐まで往復
  • 国道462/県道13号~本庄早稲田
  • ゴール:JR本庄早稲田駅
  • -------------------------
  • 経路総長:122km
  • 累積登坂:2,169m
  • =============================
    今回は下久保ダムから八倉峠手前までの往復ルートとしたが、
    '20/7月時点で八倉峠から国道299号/恐竜センタへ通り抜けは可能。

    ●行程記録

    ●JR新町駅スタート

    当日は終電でJR新町駅まで輪行移動。
    IMG_6916
    IMG_6918
    午前二時、踏切を越えて鬼石・神流方面へ向かう。
    しかし電車の混雑時を外すためとはいえ、出発が早すぎた。


    ●道の駅”おにし”で日の出まで休憩

    3時過ぎに道の駅”おにし”に到着、日の出までベンチで仮眠。
    IMG_6919
    IMG_6920
    夜明けまで蚊を潰すのに忙しく仮眠にならなかったが、明るくなったので出発。


    ●御荷鉾の入り口、下久保ダムへ

    当日は朝焼け、天気は午後から下り坂と見て先を急ぐ。
    IMG_6922
    IMG_6925
    川沿い+ダム湖の周囲は涼しいものの湿度が高かった。


    ●御荷鉾スーパー林道へ

    下久保ダムを越えて少し進むと御荷鉾スーパー林道に続く分岐がある。
    IMG_6934
    IMG_6938
    しばらく登ると渋いトンネル、美原隧道に着いた。

    IMG_6942
    IMG_6944
    御荷鉾山は東御荷鉾・西御荷鉾・オドケ山の3つが主峰とある。
    御荷鉾山という一つの山があるわけではないのか。


    ●眼下の神流川に広がる雲海

    トンネルを越えてしばらく進むと神流川方面の展望が開けた。
    山間を縫う神流川には雲海がかかっていた。
    IMG_6974
    IMG_6970
    IMG_6972
    低い雲海の先には標高1,000m以上の山塊が隠れることなく見える。
    正面に見えるのは方角的に秩父の山だろう。

    IMG_6989
    IMG_6985
    あまりボーっとしているのも無駄なので再スタート。


    ●長い舗装区間を越えて未舗装路へ

    下久保ダムの入り口から結構進んだと思うが、まだ舗装路しか走ってない。
    IMG_6990
    IMG_6991
    未舗装区間はまだかなあ?と淡々と森林区間を進む。

    IMG_6993
    県道46号と御荷鉾スーパー林道の分岐看板。

    IMG_6997
    この分岐からようやく未舗装区間が始まった。
    空気圧を3barに落として進む。


    ●森林公園管理棟、滑らかな砂利道続く

    序盤~管理棟まで、700-32cで十分な砂利道が続いた。
    IMG_6998
    IMG_7002
    森林公園の管理棟に到着。
    先日登った秋鹿林道よりも路面状況は良く快適に登れると感じた。

    IMG_7003
    IMG_7006
    IMG_7023
    管理棟から先に進むとうっそうとした森林区間。
    熊注意の看板があったので熊鈴やラジオがあると幾分安心。


    ●景色は未舗装よりも舗装区間のが良い

    しばらく進んで神流町に入ると舗装区間になった。
    IMG_7025
    IMG_7038
    舗装区間の方が景色は開けている。
    アブとかの虫も少ないので休憩には良いな。


    ●展望ない展望小屋?の双眼鏡

    神流町の舗装区間から再び未舗装区間に入ると休憩小屋があった。
    IMG_7044
    IMG_7040
    IMG_7043
    双眼鏡(無料)があったので覗いてみたがこれは展望用ではなく野鳥観察用かな。
    360°木々に囲まれて眺望は無い。


    ●道の荒れ具合は管理自治区により変わる

    御荷鉾スーパー林道は藤岡・神流・下仁田と複数の自治区にまたがっている。
    懐事情によるのか分からないが、管理区により道の粗さは明確に違った。
    IMG_7047
    IMG_7054
    IMG_7076
    路肩崩落区間、台風が来たら終わりそうだな。

    IMG_7057
    道が消えた?いや、倒木の先を見るとしっかり道は続いている。
    これで通行止めにしないとは、やはり群馬は素晴らしい。

    IMG_7068
    倒木区間を越えた後、ジムニーに抜かれたがどうやって倒木を越えたのだろう?


    ●八倉峠手前の分岐

    コメント 2020-09-03 231510
    この日は八倉峠手前の分岐まで行って引き返した。
    上図の分岐、右に続く赤線は少し先を歩いてみたが崩落が多く通行危険と判断。
    分岐の左に続く八倉峠方面は八倉線を経由して国道まで通り抜けが可能。
    (この日も国道299から登ってきたライダーがいた。自分も後日、同ルートで走破)


    IMG_7139
    この看板から先、八倉峠を経由して国道299号へ通り抜けできる。
    ”通行止め”は八倉峠から先に続く林道の通行止めを示している。
    国道299号からアプローチすると通行止め看板無しでここに来られる。


    IMG_7140
    分岐のもう片方は下仁田方面に続く道。

    IMG_7138
    ゲートもロープもないので少し入ってみると、鹿のバックフレームを発見。
    茂みの方を見ると熟成中の部位が転がっていた。
    九相図でいうと散相~骨相レベルか。自然の営みを感じる。
    昼食を前に凄いものを見たが、おかげで空腹がまぎれた。


    ●来た道を引き返す

    昼前に天気が怪しくなってきたので来た道を戻ることにした。
    IMG_7087
    IMG_7092
    GPSのログを見ると下久保ダムまで30kmほどある。
    未舗装区間に至るまで、やはり長かったな。


    ●山の神の丘展望台に寄る

    復路は下り基調なので往路でスルーした山神丘展望台へ寄った。
    IMG_7094
    IMG_7096
    入り口の登り、法面の苔がすごい。

    IMG_7098
    看板通り150m歩いたけど展望地は無く、食害を受けた木しかなかった。

    IMG_7100
    人間の腹は木の幹で膨れないので食事処のある町へ帰ろう。


    ●霧に包まれる御荷鉾スーパー林道を後にする

    自転車に乗りなおすとけっこうな霧に包まれた。それも最後まで...
    IMG_7103
    IMG_7107
    IMG_7110
    IMG_7112
    眺望ゼロになったので下久保ダムまで淡々と下った。
    霧は美原隧道あたりまで続いたが、ダムまで降りればサッパリ消えた。


    ●道の駅”おにし”で遅めの昼食と遺跡見物

    昼過ぎに道の駅”おにし”まで戻って昼食とした。
    IMG_7117
    IMG_7113
    並盛でもボリュームある焼きそば。
    群馬で食べる麺類って概して並が大盛なので嬉しい。

    IMG_7115
    IMG_7114
    食後は縄文時代住居を見物。大陸群馬の歴史は深いな。


    ●JR本庄早稲田から輪行で帰宅

    IMG_7122
    最後は本庄早稲田駅まで進み、輪行ゴールとした。
    駅周辺にはバキュラのようなメガソーラー?が並ぶ異様な光景だった。


    ●跋文

    IMG_6982
    今回は下久保ダムから八倉峠の手前まで御荷鉾スーパー林道を往復した。
    関東有数のロングダートとマップルにあったが、ダートはそんなに長く感じなかった。
    これは八倉峠から先、下仁田方面が通行止めで全線を走っていないこと、
    それに加えて、ダートまでのアプローチが長かったため、相対的に短く感じたのだろう。
    御荷鉾スーパー林道は藤岡からアクセスが良いようでいて実際は遠い...

    何にせよ、舗装区間では雲海を拝めてダート区間も走れる場所を往復できたので満足。
    御荷鉾スーパー林道、下久保ダム~八倉峠までのピストンは60km以上ある。
    季節・天候に合わせて十分な水と補給食、補修用具を携行しよう。