_DUN9273
冬の始まる金精峠を行く



●序文

2019年12月1日、天候晴れ。
栃木県の日光から金精峠を越え、群馬の沼田までサイクリング。
金精峠は標高1,840m、例年クリスマスに冬季閉鎖される。
今年は日光山の降雪が遅いようだったので小径車で走破した。

●経路・行程概説


    =============================
  • スタート:東武日光駅
  • 国道120号~いろは坂
  • 国道120号~中禅寺湖湖畔
  • 国道120号~戦場ヶ原
  • 国道120号~金精峠
  • 国道120号~片品
  • 国道**号~沼田
  • ゴール:JR沼田駅
  • -------------------------
  • 経路総長:100km
  • 累積登坂:1950m
  • =============================

    ●東武日光線で輪行、日光駅からスタート

    当日は東武日光駅まで移動。
    始発では凍結が不安のため、少し遅めの電車を利用。
    _DUN9237
    _DUN9239
    8時半にスタート。東照宮には見事な紅葉が残っていた。


    ●国道120号:いろは坂へ、登る前から氷点下

    いろは坂入り口まで120号は日陰の道。
    標高800m地点で気温は-3℃。
    気温対標高を(-.6℃/100m)とすれば金精峠はー9℃か。
    _DUN9241
    _DUN9242
    本日の日光市、最高気温は8℃予報。
    正午の金精峠は2℃か。今より暖かいじゃん!


    ●国道120号:中禅寺湖湖畔~龍頭の滝

    いろは坂は凍結なく、通常通り登れた。
    _DUN9246
    _DUN9247
    中禅寺湖湖畔を越え、龍頭の滝で最初の休憩。
    寒いので龍頭茶屋で雑煮と千巻を食べた。

    ●木彫りの龍虎@龍頭の茶屋

    _DUN9255
    _DUN9258
    茶屋の横にあった木彫りの龍と虎。
    祖父は空想より現実の生物の方が強いという持論だった。
    自分も夜のサイクリングでは幽霊より犬の方が怖い。
    実体を恐れる隔世遺伝か。


    ●国道120号:冬晴れの戦場ヶ原を抜ける

    龍頭の茶屋を出た後は戦場ヶ原へ。
    _DUN9262
    _DUN9266
    カラッと晴れた冬晴れ。
    この日は風無しで凍えずにすんだ。


    ●国道120号:金精道路を行く

    湯滝、湯元温泉を越えれば金精路の登り開始。
    いろは坂より傾斜はきつく、概ね8~10%が続く。
    _DUN9272
    _DUN9271
    すれ違うバイク乗りから、
    「この先凍っているかもしれませんよ。」
    曖昧な情報を貰ったが、栃木側は頂上までドライだった。


    ●サル@金精道路

    標高1,700mくらいでサルと遭遇。
    この時期、この標高で生きているとは逞しい。
    _DUN9284
    _DUN9285
    驚異的なボルダリング能力。
    自分も握力鍛えよう。

    _DUN9282
    _DUN9294
    法面の上、茂みには群れがいた。
    冬毛なのかフサフサしている。


    ●金精峠:標高1,840mは概ねドライ

    国道120号の頂上、金精トンネルに到着。
    _DUN9298
    _DUN9301
    路肩に残雪はあれど、ここまで路面は全域ドライ。
    気温が低いので雪解けのアイスバーンも無し。
    とりあえずトンネル越えて、群馬の様子を見に行こう。



    ●アイスエイジ@群馬大陸

    金精トンネルを越えると大陸群馬に入る。
    広がる景色は氷河期到来の様子だった。
    _DUN9311
    _DUN9308
    _DUN9304
    積もった雪は新しく、ガチガチのアイスは無かった。
    積雪はせいぜい3cm、小径車でも舵は効いた。
    ところが、しばらくして後輪が突如ロックした。
     ???

    _DUN9306
    泥除け~タイヤ間に雪が詰まった。
    元より歪んでいたが、ステー含めて歪みが増したな...
    タイヤレバーで雪を払って再出発。


    _DUN9313
    丸沼高原を過ぎると路面の雪は消えた。
    下りの道中、リア変速が凍り付いて鈍かった。

    _DUN9315
    自販機休憩を挟んで片品まで下りてきた。
    しかし下っても寒いな。自転車は一部凍ったままだ。


    ●雪解け後の休憩 @ 道の駅”片品”

    そこそこ冷えたので道の駅で休憩。
    _DUN9324
    _DUN9317
    レンジで温めた辛ネギおやき。寒い時期にうってつけ。
    日向で自転車を解凍したら再出発。


    ●吹割の滝を見物、遊歩道は冬季通行止め

    片品から沼田までの道中、吹割の滝へ寄り道。
    _DUN9340
    少し怪しい土産街を歩いて吹割の滝へ。

    _DUN9330
    凍り付いた遊歩道が通行止めになっていた。
    モーゼのような滝?を遠目に見物。
    水場は寒いのですぐに引き返した。


    ●道の駅”白沢” の温泉施設、望郷の湯に入る

    沼田の手前15kmあたりで温泉に寄った。
    _DUN9352
    _DUN9344
    河岸段丘の上から川を見下ろす望郷の湯。
    アルカリ性の滑らかな温泉。体がよく暖まる。

    _DUN9348
    道の駅にて、交通安全の人から反射バンドを貰った。
    「ありがとうございます。秋の交通安全ですか?」
    「・・・もう冬ですよ。」
    「そうでしたね。」
    確かに今日は寒かった。


    ●沼田で夕食をとり、JR沼田駅から輪行帰宅

    日没後、JR沼田駅に到着。
    _DUN9355
    _DUN9359
    電車の待ちが1時間あるので居酒屋”天神”で飲み食い。
    している内に時間が微妙になり、1本先の電車で帰宅。


    ●跋文

    _DUN9312
    今回は日光から金精峠を越え、沼田までサイクリングした。
    自転車はアイスタイム状態だったが、冬晴れの景色を見られて満足。 例年11月中旬から寒くなってクリスマスに閉鎖される金精峠。
    冬に行くなら天候・路面状況を判断して進むことを推奨。
    特に群馬側は栃木側と比べて早く積雪・アイスバーン化するので注意。