DSCF0028
伊豆の東から真ん中あたりをサイクリング



●序文

2018年3月4日、天候晴れ。
伊豆半島の天城峠を越えるサイクリングに出た。
目当ては①河津の桜、②下田街道のループ橋、③旧天城トンネルの3つ。
昨日の箱根に続き、山岳コースのサイクリングとなった。

●経路概説



【総距離】 133km
【累積標高】 2,384m
【最大標高差】 1,251m
【地形区分】 丘陵+山岳

  1. JR熱海駅スタート
  2. 熱海~河津:国道135号
  3. 河津~天城峠~湯ヶ島温泉:国道414号
  4. 湯ヶ島温泉~風見峠:県道59号
  5. 風見峠~修善寺~伊豆長岡:県道411号・国道136号
  6. 伊豆長岡駅ゴール


●行程記録

●JR熱海駅スタート

DSCF9900
この日は、朝から気温18度を記録。
春の陽気でも溶けない氷菓子の像。


●国道135号:伊豆半島東岸を行く

DSCF9912
DSCF9915
DSCF9917
伊豆の沿岸部はアップダウンが多い。
トンネルも多いので、自転車なら反射材・尾灯がないと怖い。


●早咲きのカワヅザクラ

DSCF9952
DSCF0001
DSCF9954
河津で満開のカワヅザクラを見物。
ソメイヨシノに比べて赤味が強く桃の花のようだ。
葉桜の具合から今週末が最後の見頃だろう。


●下田街道のループ橋

DSCF0003
DSCF0005
河津から天城へ向けて下田街道を行く。
少し登るとループ橋が見えてきた。

DSCF0009
DSCF0014
説明不要のスケール感。
もう一度登り返そうか血迷ったが、交通量が多いので断念。


●天城峠へ

DSCF0015
DSCF0016
天城峠の手前で旧国道414号に乗り換え、旧天城トンネルへ行く。
道は2km弱に渡って未舗装の砂利道。
ロードバイクでも行けるレベル。


●旧天城トンネルを越える

DSCF0022
石積みの古めかしいトンネルに着いた。

DSCF0023
めったに車が来ないので真ん中で記念撮影。

DSCF0030
苔むした入り口が何とも渋い。


●天城峠から風早峠へ

DSCF0033
道の駅”天城越え”で休憩。

DSCF0036
国道414号が混んでいたので59号で迂回する。

DSCF0037
下敷きになったら即死レベルの岩。
舗装が壊れてないから落石ではない?


●夕暮れの風早峠

DSCF0040
DSCF0043
DSCF0051
日没と同時に風早峠に到着。
稜線沿いを抜ける良い場所に位置している。
今度は仁科峠から戸田峠まで越えてみよう。


●修善寺へ下る

DSCF0058
DSCF0059
日没後、修善寺方面にダウンヒル。
最後は伊豆長岡まで移動して本日のサイクリングは終わった。


●跋文

DSCF0053
今回、熱海から伊豆半島の中心部、天城峠を越えるサイクリングに出た。
伊豆は沿岸も内陸も起伏が多く、一日で全て回るには広すぎると感じた。
季節によって色々な景色が見られそうなので今後も伊豆へ通おう。