IMG_0759
三浦半島を自転車で周遊する。



●序文

2018年2月10日、天候晴れ→曇り。
神奈川県の三浦半島を一周するサイクリング出た。
三浦半島は温暖な気候ゆえ、冬でも快適に過ごすことができる。

●経路概説



【総距離】 90km
【累積標高】 612m
【地形区分】 平坦

  1. JR横浜駅:スタート
  2. 横浜~横須賀:国道16号
  3. 横須賀~浦賀:国道16号/県道209号
  4. 浦賀港:渡し舟
  5. 浦賀~城ヶ島:国道134号
  6. 城ヶ島~逗子:国道134号
  7. JR逗子駅:ゴール

距離90km、累積標高600mの緩めのコース。
見どころの多い三浦半島をのんびり行くにはちょうど良い。

●行程記録

●10:00:JR横浜駅スタート

IMG_0578
今日は横浜駅から出発。


●12:00:横須賀・三笠公園

IMG_0584
前日に高熱が出たため横須賀まで2時間かかった。
30kmを2時間、病み上がりでもブルべは行けそう。

IMG_0582
三笠と海軍大将


●12:30:観音崎灯台

IMG_0587
三浦半島東端の灯台。

IMG_0754
灯台の目玉、フレネルレンズ。
江戸川乱歩の鏡地獄ほどじゃないけど、光学機器を見ると心が躍る。

IMG_0589
灯台からの眺め。拝観料200円。

IMG_0606
灯台の周囲は旧日本軍の砲台跡地。
道の入り組み方は日本の城郭のようだ。


●13:00:浦賀の渡し

IMG_0610
浦賀港でサイクリングルートをショートカットする。

IMG_0612
およそ300年前から就航している浦賀の渡し舟

IMG_0614
自転車を載せて向こう岸までお願いする。
大人の渡し賃は自転車込みで250円。

IMG_0617
わずか5分ほどで渡してくれる。
船酔いする間もないけど、風情のある船旅。
浦賀の渡しから先、天気に晴れ間が戻った。


●冬晴れの三浦半島

IMG_0757
冬空に干される大根の群れ。

IMG_0762
大根畑が広がる三浦半島。

IMG_0637
マグロも有名な三浦半島。
大根との煮つけも良いな。


●15:00:城ヶ島

IMG_0643
陽が傾きかける頃、南端の城ヶ島へ行く。

IMG_0646
漁港基地のような島。

IMG_0649
磯辺を歩いてしばし休憩。


●馬の背の洞門

IMG_0772
城ヶ島の名所、馬の背の洞門
自然の侵食で岩にトンネル状の穴が開いている。

IMG_0774
小一時間、磯辺を歩いたので、そろそろ帰る。

IMG_0671
今日は夜から雨の予報。
降り出す前に、適当な駅で輪行ゴールとしよう。


●日没間際に雨雲が近づく

IMG_0676
葉山の海岸沿いを走っている内に雨がぱらついてきた。
雨具はあれど、病み上がりなので今日は逗子までに留めよう。


●17:30:JR逗子駅ゴール

日没とほぼ同時に逗子駅に到着。
昼飯を食べ損ねたので、駅前の喫茶店ホルトでカレー大盛を食べる。
ご飯を二回よそってくれたのに割増し料金無しという良心的な店だった。
19時前の電車に乗って輪行ゴール。


●跋文

IMG_0761
今回、横浜から三浦半島をほぼ一周するサイクリングに出た。
北関東に比べ、南関東は冬でも寒さが柔らかいので快適に過ごせると感じた。
半島は至る所に食べ処、景勝地があるので、観光メインのサイクリングに適している。
次回は食べ損ねた横須賀バーガーを食べに行こう。