DSCF1021
BRM722宇都宮600の実走記録その4



●序文

2017年7月22日、AJ宇都宮主催のブルべ、新潟600kmに参加した。
結果は体調不良でDNF。
樹海ラインで水にあたって補給不能となり、PC4新潟を進んでハンガーノック。
向かい風の阿賀野川でDNFを決定し、JR馬下駅から輪行で帰宅した。

【関連記事一覧】
経路・計画編
装備検討編
実走記録(DNF):START~PC1
実走記録(DNF):PC1~PC2
実走記録(DNF):PC2~PC3
実走記録(DNF):PC3~PC4
実走記録(DNF):PC4~DNF
反省編

本記事ではPC4:新潟までの記録を記す。
PC3に到着時点で、体調不良のピークが収まったのでPC4まで行ってみた。
それにしても枝折峠から寺泊手前までの道中は辛かった。
胃からウォッカが湧き出るような、化学的に喉が焼ける苦しさだった。

●寺泊の温泉、きんぱちの湯に入る

DSCF1015
PC3、寺泊のセーブオン真横にあった温泉。
ここまで来たので、入ることにした。
受付の人は「21時までですが...」と申し訳なさそうだったがブルべの30分は長風呂といえる。
露天にあった温泉の塩分がやたらと濃かった。
海沿いなので海水が沸いているのだろうか。

●日本海沿岸のフラットを快走する

DSCF1018
風呂に入って満足したけど、ここらで飛び入りの宿は無さそうなので再スタート。
次のPC4までは距離42km、道は平坦、写真は撮れないので2時間で行けるはず。
PC4から先のことはPC4に着いてから考えることにした。

DSCF1024
日本では珍しいラウンドアバウト。
回転扉とかラウンドアバウトとかの回るものって海外の映画やドラマのでよく見る。

DSCF1026
海岸沿いの平坦路を進み、23時前、新潟市内の明かりが見えてきた。
新潟から先、まだまだ行けそうだと思い直し、久しぶりのセブンイレブンPCに向かう。


●23:03、PC4:新潟に到着

DSCF1028
往生際悪く、PC2湯之谷でリタイヤを諦めた結果、PC4新潟までたどり着いた。
吐き気は完全に消えたので好物のサラダチキン”スモーク”を補給。
だが水あたりのピークを越えただけで、腹痛+腹の緩さで吸収は変わらず悪かった。

次のPC5喜多方まで、阿賀野川沿いなら路線もあるから行き倒れることはない。
阿賀野川から先は、山岳地形に変わるが、燃料切れ覚悟で進もうと決める。



次号、「阿賀野川で向かい風に負ける」