DSCF0855
BRM722宇都宮600の実走記録その1



●序文

2017年7月22日、AJ宇都宮主催のブルべ、新潟600kmに参加した。
結果は体調不良でDNF。
樹海ラインで水にあたって補給不能となり、PC4新潟を進んでハンガーノック。
向かい風の阿賀野川でDNFを決定し、JR馬下駅から輪行で帰宅した。

【関連記事一覧】
経路・計画編
装備検討編
実走記録(DNF):START~PC1
実走記録(DNF):PC1~PC2
実走記録(DNF):PC2~PC3
実走記録(DNF):PC3~PC4
実走記録(DNF):PC4~DNF
反省編

本記事ではPC1:会津高原までの記録を記す。

●自宅からスタートまで

DSCF0852
当日は小山の自宅から23時半の電車で宇都宮まで輪行。
宇都宮駅からスタートの森林公園まで自走で移動。
夜でも蒸し暑く、明日以降の気温が思いやられる...

午前1時過ぎ、森林公園のスタート地点に到着。
ブリーフィングを聞きながらブルべカードを記入。
車検を受けて、2時ジャストスタート。


●午前2時のスタート

PC1までは大体が自分のホームコース。
キューシートとGPSを照らし合わせながら淡々と進む。
一回、鬼怒川温泉付近で数十mミスコースし、後続の3名を巻き込んでしまった。
GPSがあるというのに、申し訳ありません...
夜景撮影は時間がかかるので夜明けまで写真はなし。

●ものすごく眠たくて、ありえないほど怠い

DSCF0857
自分は徹夜すると明け方~昼前に眠気のピークが来る。
今回のブルべも夜が明けた頃にあくびを連発。
予想通り睡魔が来て巡行が極端に落ちる。

DSCF0863
明るくなってきた鬼怒川をダラダラ遡上する。
予報は曇~雨だったが、意外と晴れそうな空模様。

DSCF0868
上三依の駅前ベンチで20分ほど仮眠。
PC1まで我慢しようと思ったが、睡魔には勝てなかった。
会津へのダウンヒルで事故ってはどうしようもないので安全をとる。
10分ほど意識を失ってタイマーで起きると結構冴えた。

DSCF0870
国道400号に合流。
ここまで来れば栃木-福島の県境まであと少し。

DSCF0871
国道121号は川沿いに緩やかな勾配が続く。
夜は鹿の飛び出しに注意が必要だ。

●福島県に入る

DSCF0872
6時前、福島県に進入。
仮眠を挟んだが予想よりも早くも遅くもない。大体予想通り。

DSCF0874
ほぼ最後尾だが、PCは混んでいるかもしれないので道の駅でトイレ休憩。

●6時にPC1:会津高原に到着

DSCF0876
クローズ1時間前にPC1に到着。
参加者は自分のほかに5名ほど。

DSCF0875
朝食を兼ねて日清カップヌードルで朝ラーメン。
消費した分のカロリーメイトと水を補充。
2Lボトルの水が無かったけど、先行者に買占められたかな?
PCで飲食物が乏しくなるのは最後尾組の宿命。

食事をとりながらキューシートを再確認。
PC2まで140kmあるのに分岐ポイントは5か所のみ。
いよいよ本ブルべのハイライト、樹海ラインを通る。


次号、「樹海ラインで水にあたる」